仮想通貨ってどうよ

久しぶりに結婚式で友人達と飲んだ funfun3号です。
気がついたら周りの友人数人が仮想通貨で盛り上がっておりました。

でも、仮想通貨ってどうよ。
なんだか博打みたいだし
経済指標とちっとも連動してないし
儲けた年が続くとは限らないのに税務署は儲けた年は課税するらしいし
日本国は新規に立ち上げるコインを購入するのも禁止するらしいし
あんまり国民に儲けさせたくないんだろうか?

とはいうものの
働くより金を回したほうが儲かるって
ピケティ先生も仰ってたらしいし。。。
ということは金の回し方を教育したほうが国が富むということだし。。。
いろいろと議論してると友人がやってきました。

「仮想通貨やってるんだ」
「エラく儲けたんか?」
「いや着実に儲かってる」s
「またまた~、そんな~」
「定期預金みたいな仮想通貨があるんだよ」
「そんな馬鹿な、騙されてるんじゃないか?」
「信じられないかもしれないけど市場間格差を使ったAI運用」
「意味がわからんのだが。。。」
「市場の歪みをAIで発見して高速取引をするわけだ」
「やっぱりよくわからんなぁ」
「自分でやってみたらいい」
「そんなの自分でできるのか?」
「基本はあるよ」
「えっ?」
「やるならあげるけど、やらないなら無駄になるからあげない」
「ホントに。。。?」
「まあ、その気になったら電話してくれ」

友人はニコッとして携帯番号を手渡した。
ホントかなぁ?
どうしようかなぁ?
困ったなぁ?
やらなかったらペナルティがあるのかなぁ?

ただいま悩み中。

料理の隠し味

「毎日ちゃんと料理してる?」
「一応。。。」
「料理って調味料が大事なんだよね」
「調味料ですか?」
「安い調味料ばっかり使ってるんでしょ」
「一人暮らしだから百均の調味料だったりする」
「もう。。。私が愛用してる塩麴あげるから試してごらん」
「塩麴?」
「いまはどこの店でも売ってるけど、材料にこだわった商品が美味しいわよ」
「でもどうせめんどくさいんでしょ」
「そんなことないわよ。ただ塗るだけよ」
「ホントに?」
「おまけに一番安い鶏の胸肉でいいのよ」
「スーパーだと一番安いよね。財布にやさしい」
「あまり好きではないの?」
「うん、パサパサして不味くないですか?」
「一晩で大変身!」
「まさか~」
「嘘だと思うでしょ」
「うん」
「ところがね、この塩麴を塗ると。。。」
「塗ると。。。?」
「一晩で高級ブランド鶏の出来上がり!」
「うっそだぁ~」
「試してみてよ」
「うん。。。」
「お肉の奥に沁みないから切れ目を入れて刷り込んでね」
「それだけ?」

funfun2号です。
友人から特製塩麴をいただきました。
そのくらいで変わるわけないと思ったけど。。。。
これがメッチャ美味しい!!!

素材に金を掛けられないんだったら
調味料に金をかけるのもいいなぁ。
材料費が安くついて、美味くなれば、なんだかお買い得だよね。

USBで卓上加湿器

funfun1号です。
私、喉が弱いのが悩み。
このシーズン、花粉は飛ぶし、風邪の人は多いし
喉がカラカラで乾燥肌。
一日中デスクに向かっていたんじゃ肌もゴワゴワよ。

いろいろな加湿器を探していたんだけど
個人用で職場でも使えて、カワイクて(☆これ重要☆)
仕事の邪魔にならなくて、よい商品を探していたら
やっと見つけました。

USBでパソコンに接続して
コーヒーカップにちょこんと載せて使える個人用加湿器。
まあ気休めと言われるかもしれないけど
エアコンとパソコンで観想しきった職場内で
ちょっとかわいいデザインが心と喉を潤してくれるのがいいわ~。

そういうことで職場に持ってきました。
小さくて自分の仕事用パソコンに接続して使えるので
コンセントを占有するわけでもないし
職場の人が気にしないでいてくれるのがうれしいかな。

下のコップは何があっても倒れない
底の直径が大きいものを加湿器のために準備しました。
コップの水がこぼれて商品やデータを毀損したら
何にもならないどころか私の評価まで下がっちゃうからね。
コップの選び方は要注意よ~

それさえクリアすれば、多分、大丈夫。
タイマーもついてるし
加湿器の電源をオフにし忘れても
USBで電気を供給しているから
パソコンの電源が落ちれば自動的に消えます。
まさにオフィス向き。
これぞまさしく私の必需品ね。

スマホが簡単に広角になる!!!

funfun2号です。
私はドン・キホーテが大好き。
日用品が安いので、休日は一週間分をまとめ買いしたいのだけど
まとめ買いすると安くならないのがドン・キホーテ。
仕方がないので、帰宅途中にチビチビ日用品を補充してます。

でも行くと買っちゃうんだよね。
何をって不用品を。。。

また、つい買っちゃいました。
スマホ用超広角レンズ。
スマホで自撮りすると自分は大きくなるけど風景が入らないんだよね。
広角にすると、自分も大きくなるし
映り込む風景も広くなるから
あとで見たときの満足度が超アップ。
広角レンズ付カメラが欲しかったんだけど
カメラを買うと荷物が重くなるでしょう。
どうしようかって、ずっと思ってたんだけど
スマホに着ける広角レンズっていうのがあるんだねぇ。

早速、自宅に戻ってスマホに付けると
なかなかのもんじゃないの
捉えられる空間の幅が全く違う。
これなら十分個人用には大丈夫。
お値段たったの1000円でした。

ネットで探しても色々な種類があるのねぇ。
1000円以下で探せます。
でも付け方が悪いと
レンズの枠が写真に写り込むみたいだから
レンズとスマホの相性があるみたいだね。

今回、思い付きで購入したけど
何となくいい感じなので
使いながら慣れていこうと思ってます。

中洲カラオケサロン喫茶「演歌の花道」

funfun1号です。
友人が歌っている中洲カラオケサロン喫茶「演歌の花道」に行ってきました。

ここは80代のママさんがやってる店だけど
変わってるのは中洲なのに酒がないこと。
昼しか営業しないこと。
夜は予約だけなんだって。

お客さんの平均年齢は80~90代で
歌ってる曲も皆様の青春時代から最近の演歌まで。
90代の素敵なおじいさまがスゴイ音量で歌っているのを聞くと
こちらも負けちゃいられないって感じです。

80代のママはお客さんの要望で
ドラムを叩いたり、日本舞踊したり、忙しそうです。
ドラムは自分が所有していたものを
店がオープンした時に持ってきたって
80代女性でドラムをやってたって
あなた、どういう経歴よ!

おまけに日本舞踊は2つの流派の師範資格を持っているそうです。
きっと世が世なら、どこかの御令嬢だった方なのね。
とても気さくにドラムを叩く姿を見てると
年齢を感じさせない爽やかさが伝わってきます。

場所 福岡市博多区中洲2-1-1-610
建物 プレイスポットしんばしビル6F
店名 中洲カラオケサロン 演歌の花道
料金 ソフトドリンク付
昼部 14-17時1500円 60歳以上1000円
夜部 19-23時2500円 60歳以上1500円 → 5人以上予約日のみ開店
電話 092-282-8882
定休 毎週木曜日

詳細は → 中洲カラオケサロン喫茶「演歌の花道」