料理の隠し味

「毎日ちゃんと料理してる?」
「一応。。。」
「料理って調味料が大事なんだよね」
「調味料ですか?」
「安い調味料ばっかり使ってるんでしょ」
「一人暮らしだから百均の調味料だったりする」
「もう。。。私が愛用してる塩麴あげるから試してごらん」
「塩麴?」
「いまはどこの店でも売ってるけど、材料にこだわった商品が美味しいわよ」
「でもどうせめんどくさいんでしょ」
「そんなことないわよ。ただ塗るだけよ」
「ホントに?」
「おまけに一番安い鶏の胸肉でいいのよ」
「スーパーだと一番安いよね。財布にやさしい」
「あまり好きではないの?」
「うん、パサパサして不味くないですか?」
「一晩で大変身!」
「まさか~」
「嘘だと思うでしょ」
「うん」
「ところがね、この塩麴を塗ると。。。」
「塗ると。。。?」
「一晩で高級ブランド鶏の出来上がり!」
「うっそだぁ~」
「試してみてよ」
「うん。。。」
「お肉の奥に沁みないから切れ目を入れて刷り込んでね」
「それだけ?」

funfun2号です。
友人から特製塩麴をいただきました。
そのくらいで変わるわけないと思ったけど。。。。
これがメッチャ美味しい!!!

素材に金を掛けられないんだったら
調味料に金をかけるのもいいなぁ。
材料費が安くついて、美味くなれば、なんだかお買い得だよね。